胃と腸の休息(断食)が、健康を支える

胃腸はすべての要

毎日のファスティング(断食)

胃腸が悪くなると、健康への影響が出てきます。

人は食事で栄養を摂り、それをエネルギーに変えて活動しています。

栄養がちゃんとエネルギーに変わるかどうか、ということが、病気にもなり健康にもなる大きな分かれ道です。

胃や腸が時々痛くなることがありますが、それは大切な信号です。

消化がうまくできなければ、いくら頑張っていてもエネルギーが低下し、元気がなくなったり身体がだるくなったり、病気にかかりやすくなったり、あるいはかかった病気が治りにくくなったりします。

私たちは食べることを止めることはできません。

ですから、胃や腸を健康に保つことは、何においてもまず大切にしなければならないことなのです。