スポンサーリンク

コーヒーで胃が痛くなる理由/原因、痛くならない方法とは?〜コーヒーの真実

コーヒー(珈琲)ミル

「コーヒー(珈琲)を飲んだら胃が痛くなった・・・」

もう20年以上コーヒー(珈琲)を飲んでいますが、一日に何杯か飲む日は、決まって胃が痛くなります。

最近はコーヒー(珈琲)店でもハーブティーの置いてあるある店もありますが、しかしメインはコーヒー(珈琲)。

ほとんどの仕事で、打合せはやはりコーヒー(珈琲)ショップ、あるいはコーヒー(珈琲)が出てきます。

訪問先の会議室で出てくるコーヒー(珈琲)は、飲まずに終えることが難しい。

話をしていると喉が渇くし、代わりのものを出して欲しい、とも言いづらい。

何件か連続で訪問すると、その分だけコーヒー(珈琲)が出てくる。。。そして何となく飲んでしまうことになるのです。

そして、一日の最後のディナーになる頃には、胃が痛いか、食欲が失せてしまっているという日々でした。

コーヒー(珈琲)ショップのコーヒー(珈琲)は、本当に美味しい!?

コーヒー(珈琲)を淹れる

「どこの店のコーヒー(珈琲)が美味しい?」

そんな話題になることがあります。

スターバックスがいい、タリーズがいい、ドトールがいい、、、、、

私はコーヒー(珈琲)が好きなのですが、実はどのコーヒー(珈琲)も「美味しい!」と思ったことがありません。

スターバックスを最初に飲んだ時のラテは美味しかったように思いますが、あれはコーヒー(珈琲)が美味しいというより、「コーヒー(珈琲)風のそういう飲み物」として美味しいと思ったように感じます。

だからといって、インスタントコーヒー(珈琲)がマズイと思ったこともないのです。

「コーヒー(珈琲)はこんなもんだ」

と感じ、そして毎日コーヒー(珈琲)を欲して飲み、そして胃が痛くなるような毎日でした。

20代の頃は、砂糖もミルクも入れずブラックで飲んでいました。

しかし40代になり、胃の調子に不安を感じるようになった頃から、ミルク類を入れるようになります。

そうするとミルク類を入れないと飲めなくなり、エスプレッソを家で入れたり、ネスプレッソを買ったりして飲んでいたこともあって「ラテ」が定番に代わりました。

しかし、ラテには牛乳を必要とするため、牛乳への抵抗がある私にとっては、できれば飲みたくないのですが、かといって豆乳に代えたいものの、温めて豆乳を飲むのが美味しくなかったので、やはり牛乳を混ぜるより選択肢がなかったのです。

そんな矛盾を抱えながらのコーヒー(珈琲)ライフ・・・そんなある日、家庭用コーヒー(珈琲)ミルの存在に出会うのです。

自分で淹れるとわかるコーヒー(珈琲)の正体

コーヒー(珈琲)ミル

もちろんコーヒー(珈琲)メーカーを買ったりエスプレッソを淹れたりしていることもあったのでわかっていたものの、コーヒー(珈琲)そのものの味を選ぶということはありませんでした。

酸っぱくなくて、苦くないもの。

その消去法でコーヒー(珈琲)を選んでいたように思います。

ある日、知人のオフィスに遊びに行ったとき、その場で豆を挽いてドリップして淹れてくれたのですが、そのコーヒー(珈琲)がとても美味しかったのです。

それから一年くらいが経ち、何となくネスプレッソを毎日飲むには高いなぁと思っていたところ、ネットで安いコーヒー(珈琲)ミルを見つけました。

そして翌日、コーヒー(珈琲)豆を買って、家で挽いてみたところ、その臭いに惚れ込んでしまいました。

それからコーヒー(珈琲)をネットで調べはじめます。

すると、コーヒー(珈琲)はいろいろなこだわりがあり、それはコーヒー(珈琲)を作る過程でいろいろあることがわかりました。

1.コーヒー(珈琲)豆を収穫、豆を乾燥させる
2.コーヒー(珈琲)豆を煎る。(ローストする)
3.コーヒー(珈琲)豆を挽く。
4.コーヒー(珈琲)を豆か粉で保存する。
5.コーヒー(珈琲)を淹れる。

この流れの中に、コーヒー(珈琲)の味を左右することがいろいろあることがわかりました。

1は生豆(きまめ)という状態になり販売されていますが、私は見たことがありませんでした。

2はロースト。

コーヒー(珈琲)を煎るのですが、煎り方がいろいろとありました。

いわゆるアメリカンコーヒー(珈琲)というのは、単に薄いコーヒー(珈琲)だと思っている人も多いようです。

煎り方が浅い(煎る時間が短い)ことから、苦みが弱く酸味が残ったものがアメリカンコーヒー(珈琲)と呼ばれる。
逆に煎り方が深い(煎る時間が長い)と、苦みが強く酸味がないものになる。

私が「酸っぱいコーヒー(珈琲)が嫌い」と言っていたのは、煎り方が浅いコーヒー(珈琲)で、「苦いコーヒー(珈琲)が嫌い」といっていたのは、煎り方の深いコーヒー(珈琲)のことだったようです。

3は豆を挽く過程。

豆の挽き方にもいろいろとあり、エスプレッソのような淹れ方をする場合にはきめ細やかなパウダー状に挽き、逆にフィルターや水出しなどの場合には、粗めの状態に挽くらしいです。

コーヒー(珈琲)の粉の大きさなど気にしたことがありませんでした。

4は保存。

コーヒー(珈琲)の豆や粉をどこに保存するか、なんてことを考えることはありませんでした。

普通の棚においてありました。

5はコーヒー(珈琲)を淹れる。

コーヒー(珈琲)の淹れ方にもいろいろあり、水出しからフィルターまで、様々な方法があります。

私はドリップしか見たことがなかったので、それ以外の方法のコーヒー(珈琲)を飲んでいてもきっと全く気づかなかったことでしょう。

コーヒー(珈琲)ミルを買う、ということから調べていったところ、コーヒー(珈琲)の深さをどんどん知ることになりました。

そして、できればオーガニックコーヒー(珈琲)がいいと思い、近くのコーヒー(珈琲)豆の店を調べたところ、近くにあったので行くことになります。

そこで何気ない会話から、衝撃の事実を知ることになります。

「コーヒー(珈琲)を飲むと胃が痛くなるんですよね・・・」

「コーヒー(珈琲)で胃が痛くなることはないよ。」

「!?」

私はその理由を聞き、コーヒー(珈琲)へのへの考え方が変わり、そしていろいろと調べ・・・・

そして今では、ブラックのコーヒー(珈琲)を家で淹れて、そして胃が痛くなることは全く無くなったのです。