コラーゲンという名の高額なゼリー

スポンサーリンク

コラーゲンを食べるとお肌がプルプルに?

「コラーゲンを食べるとお肌がプルプルになる」

そんなキャッチフレーズの女性向け商品が多くあります。

本当にプルプルになるのでしょうか?

はい、そうなると思います・・・が、それは、コラーゲンを食べなくとも、、、なります。

ゼリーの元となるゼラチンの主成分がコラーゲンと呼ばれています。

ですから、ゼリーを食べるだけで良いのです。

コラーゲンという名の高額ゼリー

コラーゲンとゼラチン、名前を変えるだけで10倍の値段

ゼラチンの値段を調べて見ると、1キロで2000円ちょっとくらいからあります。

コラーゲンの値段を調べてみると、1キロで2万円くらいからあります。

コラーゲンの製造元や主成分などをよく見てみると、ゼラチンと全く同じものまで存在します。

つまり、ゼラチンをコラーゲンとして売っているものも多くあります。

残念ながら、ゼラチンとコラーゲンは同じものなので、詐欺ではありません。

コラーゲンはお肌に良いというのはウソか?

「コラーゲンは年を取ると失われていくもの。皮膚や体をつくっている成分だから摂りましょう。」

こういったキャッチコピーがウソかといわれると、そうではありません。

コラーゲンの豊かな皮膚はアミノ酸から作られます。

ですが、アミノ酸の摂取が現代の食生活において低下していることから、アミノ酸を摂ることは大切です。

アミノ酸をゼラチンから効率的に摂ることで、皮膚に良い効果を得ることができます。

ですから、

「コラーゲンはお肌に良い」

というのは間違いではありませんが、

「アミノ酸はお肌に良い」
「ゼラチンはお肌に良い」

というのが正確な表現です。

また、コラーゲンを塗ると効果があると言われているものもあります。

皮膚にゼラチンを塗ったら、皮膚が潤うでしょうか?

そんなことはあり得ませんし、逆にそれによって炎症を起こしたという報告もあるそうですので気をつけましょう。

市販のコラーゲンのいう効果を得るには?

コラーゲンとして売られているものは、ゼラチンとどう違うのでしょうか。

コラーゲンを効果的に生成するのに必要なこととして、ビタミンCを摂ることが必要とのことです。

ですから、一般的にコラーゲンとして売られているものは、ゼラチンにビタミンCが加えられていることが多いです。

ですから、ビタミンCの多く含んだゼラチン・・・つまり、レモンやオレンジのゼリーを食べるのが良いでしょう。

おすすめレシピ:赤紫蘇ジュースのゼリー(basilist.jp)

コラーゲンを同じ効果のゼリー

情報を鵜呑みにせず、自分で調べましょう

ゼラチンをコラーゲンとして売っても詐欺にはなりませんし、コラーゲンの説明や効果も間違いではありません。

ですから、このコラーゲン商法はどこからも突っ込みは入りませんし、何倍もの利益を生み出す良い商売として残り続けるでしょう。

同じものに10倍ものお金を無駄に払い続けるのは・・・・何だか損をした、嫌な気分になりますよね。

世の中にはこんな商法が多くあります。

売る方も商売として必死ですし、アフィリエイトなどで進めているものは自分が買うわけではないので良いことしか書かない無責任なものも多く、こうした情報の多さから信憑性を抱いてしまうことも多くあります。

インターネットで情報を検索できる時代ですから、

まず疑問を持ってみること
自分で調べてみること
自分で判断すること

を1つ1つやっていくしかありませんね。

情報が氾濫する時代ですから、情報を鵜呑みにして溺れないようにしたいですね。

もちろんこの情報もウソかもしれません。(笑)

ですから自ら調べてご判断いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう