胃と腸の負担を軽くし、休ませて機能を回復させる食事の方法

スポンサーリンク

胃と腸に休息のある食べ方

胃と腸に負担をかけない食べ方、胃と腸を休ませて機能を回復させるということが大切です。

そのためには、食べる食事の順序、消化時間を計算に入れながら胃と腸を空っぽの状態にしてメンテナンスをするための食事の時間間隔などを考えて一日の生活のリズムを作りましょう。

食べる順番

果物 → 野菜 → 炭水化物 → タンパク質

この順番に食べることです。

消化の時間からわかるように、消化の悪いものの後に消化の良いものが入ると、消化されずに胃の中に残ったままになります。

食後の果物というのは最悪で、タンパク質の消化の後に消化を待っている数時の間に、40℃近い体温の胃の中で腐敗してしまいます。。。

ですから、まず果物、そしてサラダなど野菜を食べるというのが良いです。

そしてパンやご飯、それからタンパク質です。

ご飯と肉、という食べ方は美味しいですが、その分、吸収が悪くなるということは頭に入れておきましょう。

食べる時間

できれば、空腹時間を18時間摂ることが大切と言われています。

つまり、夕食を18時、お昼を12時に、ということです。

それは無理ということであれば、少なくとも胃の消化時間を考慮した方が良いでしょう。

つまり、就寝の数時間前ということになりますので、23時就寝であれば19~20時には終わっておくのが良いでしょう。

その際にはできるだけよく噛んで、消化されやすいものを食べるのが良いでしょう。

← 胃と腸に休息を ~毎日のファスティング(断食)効果

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう