こころ・思考一覧

感情に振り回される時間から、早く開放される方法

感情は私たちの行動を変えます。嫌な気持ち(感情)になると、行動したくなくなったり、行動が雑になったりします。どんな行動であっても、相手には影響を与えてしまいます。そんな感情を断つにはどうしたらいいのでしょうか?感情が記憶になってしまうまえに、感情の元をスイッチのようにパチンと切ることをオススメします。

記事を読む

思考より行動を

行動するまでにどれだけの時間が必要ですか?考えることも大切ですが、それ以上に行動することも大切です。考えているだけでは誰にも何も影響しません。自分への影響もありません。それよりも、少しでも文字や言葉で表すことで、新しい可能性が出てくるのです。

記事を読む

習慣が習慣を生む

言葉、行動、食事、運動、クセ・・・いろいろな習慣が私たち自身をつくっています。良い習慣もあれば悪い習慣もあります。直したい習慣も、身につけたい習慣もあります。習慣という長い時間をかけて無意識にしていくということに意識を向けると、少しこれからの時間が変わっていくかもしれませんね。

記事を読む

感度と解釈

私たちは目で見て得られる情報が多く頼っています。しかし見えないものの存在に着目すると、見えているものについてもいろいろと考えさせられます。同じものを見ても人によって異なるものに見えたり、感じ方も異なります。こうした感覚という感度と、それをどう受け止めるかという解釈が異なると、あらゆるものが違って見えてきます。

記事を読む

1日1回1分間のリセット

気持ちをリセットするということはとても大切なことです。感情が落ち着かないと、自身にも周囲にも様々な影響を与えます。睡眠という無意識なリセットではなく、意識でリセットするということで、新しい時間がやってきます。1日1回1分のリセットが習慣になれば、時間の流れも少し変わってくると思います。

記事を読む

余命と寿命の捉え方

人生が終わるというのは、自身にとってはこの世で存在している意識がなくなるわけですし、周囲からもその存在がなくなることです。今、生きている人も不死身ではなく、生まれた瞬間から余命や寿命というものがあります。余命や寿命というとあまりポジティブな感じに聞こえませんが、少し捉え方を変えられたらと思います。

記事を読む

感情を調整する方法.1 ~基となる感情を知る

日々、感情が生まれることは自然なことですが、その感情が厄介に思えることもあります。いろいろな感情が私たちの行動に影響をしてくる中で、こうした感情をうまく調整できないのでしょうか。感情が調整できないと生まれるロスを防ぐために、どのように感情と向き合い調整をしていったら良いかを考えていきましょう。

記事を読む

NO IMAGE

感情の段階を見つけて基の感情に対応する ~第1感情と第2感情

感情の段階を知って、基の感情を見つける 怒りの感情はどこから出てきているのでしょう。 何もなくいきなり「怒り」が沸き起こることは...

記事を読む

NO IMAGE

感情の上手な出し方

感情を出す 感情を出すといっても、出し方がなかなかわからないということがあります。 相手にどう思われるのか、 自分の感...

記事を読む

NO IMAGE

感情を外に出して、日々こころを調整する

感情を日々調整する 感情の調整は人によって様々な方法があります。 それぞれの人によって違うといっても過言ではありません。 ...

記事を読む

感情を日々調整しないと、あるとき突然、爆発する

感情で調整が図れないと爆発する 日々の出来事で沸き起こる感情。 その感情は日々の心を調整しています。 ですから、感情がわき...

記事を読む

いつも悪者にされる感情

いつも悪者にされる感情 感情というものは、誰にでもあります。 ですが、感情と聞くと「感情的」という言葉があるように、怒りなどが取...

記事を読む