残留塩素濃度を「アクアチェック3」で測る ~水道水の塩素

スポンサーリンク

1回あたり50円以下で、残留塩素濃度を測る

残留塩素試験紙 アクアチェック3は、1回あたり50円以下で、残留塩素濃度を測ることができます。

残留塩素濃度チェック(アクアチェック3)

この手軽な残留塩素チェックで、塩素濃度を測ってみましょう。

残留塩素濃度チェック(アクアチェック3)の中身は、使いやすい検査紙

残留塩素濃度チェック(アクアチェック3)の中身

このように大量の細長い紙が入っています。

残留塩素濃度チェック(アクアチェック3)のチェック紙

1枚取り出すと、そこには一度に3種類の検査ができるようになっています。

水に数秒つけるだけで残留塩素がチェックできる

残留塩素濃度チェック(アクアチェック3)を入れる1

コップに水道水を入れます。
お風呂であればお風呂の水をコップなどに移すと良いでしょう。

残留塩素濃度チェック(アクアチェック3)を入れる2

アクアチェックを数秒つけます。

残留塩素濃度チェック(アクアチェック3)を入れる3

そっと取り出します。

残留塩素チェック後

スポンジ状の部分に検査液がついていて、水が反応します。

残留塩素濃度チェック(アクアチェック3)の濃度表

その反応した色を、ボトルの濃度チェック表で照らし合わせます。

残留塩素濃度、PH値、アルカリ度を測る

チェック紙をチェック表に照らし合わせ、色を比較します。

残留塩素濃度0.7

神奈川件川崎市での残留塩素濃度です。
およそ0.7というところでしょうか。

残留塩素濃度0

ちなみに、残留塩素がない状態は、このように真っ白になります。

PH値

ちなみにPH値も。

アルカリ度

アルカリ度もわかります。

アクアチェック3は、残留塩素がとても簡単に測れます

こんな簡単に残留塩素が測れるなんて!

正直、驚きました。

なんでもっと早く調べなかったんだろう・・・

そう思いましたが、これで手軽に測れるということを思えば、大発見です!

1回あたり50円以下ですから、

引っ越し先の水質(残留塩素)を知りたい
泊まる場所で水質(残留塩素)を知りたい

など、ボトルごと持っていっても、手軽に測ることができて安心ですね。

ぜひおためしください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク