1株でも買うことから始めよう

スポンサーリンク

株をどうやって買ったら良いかわからない

一株からはじめる

株の買い方がわからない、という人がいます。

え?

口座を開設して、1株買えばいいのに・・・

やっぱりやったことがないこと
お金が絡むこと

は怖いのです。

私も最初はそうでした。

でも、それは慣れです。

自転車を乗るようなものです。

最初は補助輪をつけて、ゆっくり走れば良いのです。

株は1株からでも、数百円でも買える

株を買うというのはお金をたくさんもっていないとできないことのように思えます。

いえいえ、そんなことはありません。

あなたの財布の中にあるお金くらいでも、買えるのです。

え?1000円しか入っていないって?

はい、十分です。

「株を買う」だけなら、買えます。

株価が上がるかどうかは別ですが、株は持てます。

何でも、やらないとわからない

まずは、一株買ってみましょう。

購買単位というものがあって、1株から買えるものや、100株からでないと買えないものもあります。

1株単位で、株価が1000円だったら、1000円出せば買えます。

10株単位で、株価が1000円だったら、10000円出せば買えます。

100株単位で、株価が10000円だったら、100000円出せば買えます。

(ただし、上記には手数料が多少かかります。少額ですが。)

どうですか?

1万円出すことくらいはできませんか?

ちょっと出して5万円以内とか決めたら、もう少し幅を広げることができるでしょう。

株式は紙くずになる

みたいなイメージがありますが、そんなことはありません。

そんな会社を買わなければ良いのですから・・・・

では何を買うのか?

一番安全な株を買ってみましょう。

日経平均やTOPIXを買う

日経平均という言葉を聞いたことがありますか?

テレビや新聞では毎日のように日経平均株価の終値は・・・とか聞こえてきますよね。

あの日経平均です。

簡単にいえば、日本の主要な会社の株の平均値のようなものです。

ですから、日本の株式の平均といってもいいでしょう。

ですから、一般的な言葉で株が上がるとか株が下がるとかという表現は、この日経平均のことを言っているといっても過言ではありません。

日経平均を買うというのはどういうことでしょうか。

特定の会社の株を買うと、その会社の業績で左右されてしまいますので、主要な会社に分散投資をしている株を買うということです。

ちょっと難しくなってきましたね。

ある会社が、株を運用するためにいろいろな会社に投資をして総合的に利益を得ています。

ファンドと呼ぶものです。

たとえば、日経平均に登録されている会社などで投資運用をしているものもあります。

ですから、日経平均株価と似たような値動きをするのです。

TOPIXというものは、ほぼ日経平均と同じような運用で、銘柄が多少異なるという程度で考えて良いでしょう。

正確には株ではなくETFといいますが、それでも株式市場に上場しているものなので、株を買うということでいいでしょう。

証券会社の銘柄検索で、「日経」「日経平均」「TOPIX」と入れて出てきたところがそれになります。

※注意
もし、銘柄ででてこなかったら、ETFという商品の中で検索をしてください。
名称の中に、ブル、ベア、ダブル、2倍などとついているのは避けてください。

たとえば以下のようなものがあります。

上場インデックスファンド日経225

ダイワ 上場投信-日経225

TOPIX連動型上場投資信託

上場インデックスファンド日経225(ミニ)

この中でも、たとえば、上場インデックスファンド日経225(ミニ)などは、ミニ株と呼ばれているもので、少額でも投資できるようなものです。

2015年10月時点で、1株単位で買えて1500円程度ですから、たとえゼロになっても1500円の損になります。(ゼロになることはありません。株価が0になったら日本という国が崩壊している気がしますが・・・)

いずれにしても、株式投資への感覚を掴むために、1株でもいいので買うということが必要です。

買うことで、やはり1円でも損したくないという気持ちが働くと思いますので、気になってきます。

その気になるという気持ちが、学びへの第一歩なのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう