株式投資は期間限定、銘柄限定が良い

株式で5%のリターンの考え方

株式投資は期間限定・銘柄限定
年間5%の資産運用をする場合、なんとなく平均を目指しますよね。

この、なんとなく平均が間違いです。

結果5%というのは仕方ないですが、なんとなく平均ということはできません。

なぜでしょうか?

株の向いている時期、向いていない時期があります。

世界経済に振り回されますし、事件や事故で暴落もします。

ですから、

安全な時にだけ買う

ということをすべきなのです。




どうしても博打をしてしまう


株式というと博打的なイメージを持つ人が多くいます。

IPO狙いとか、決算狙いとか・・・

博打でするほどお金が余っていればいいですし、それであれば競馬なり競輪なりパチンコをすれば良いでしょう。

日本には合法の博打がありますので、、、、

株式は博打ではありません。

資産運用の形態であり、経済や会社を支えるものです。

まずこの博打的なイメージを持っている人は、株式をしないほうが良いです。

私もそのような投資をしてきたことがないわけではありませんが、今は絶対にしません。

たとえば空売り、たとえばリーマンショックなど、危険な目に遭ったことは多くあります。

でも自己破産せずに済んでいます。

博打の気持ちはまず捨てましょう。


株が上がる時期


株が上がるから苦労しませんよね。

でも、統計を見れば、株が上がる時期というのはわかるのです。

毎年、5月と12月に高値をつける傾向にあります。

この統計はネットで調べればいくらでも出てきますので、詳細はそちらを見てください。


株式の格言として、

5月に売れ、10月に戻ってこい

という言葉があります。

つまり、

10月に買って、5月に売れ

ということです。


過去何年をみても、12月に向けて上昇している年はとても多いのです。

株はこの期間限買いをオススメいたします。

5月から10月は、お休みしていても良いでしょう。


株の銘柄限定


株式市場にはとても多くの会社が上場しています。

ETFなどを含めると膨大です。

すべての株式に目を通すことなど不可能なのです。

ですから、興味のある株を10ほど見つけて、毎日見続けるのです。

そして、

会社の状況はどうか
何に変動して株が動くのか

などを何年も観察し続けるのです。

株は生き物です。

その株なりの上下があるので、それを見て感じることが一番良いでしょう。

チャートから買う方法もありますが、自分の興味で買うのが一番早いでしょう。

ずっと1つの銘柄見続けると、だんだん法則が見えてきます。







スポンサーリンク