スポンサーリンク

身体の快適な眠りへの投資 ~ふとん編

私たちは毎日1/3寝ている

一日8時間の睡眠とは、24時間しかない一日の1/3にもなります。

そんな毎日の繰り返しですから、生涯の1/3は寝ていることになります。

90歳まで生きるとすると、30年は寝ているわけです。

人が寝るというのは、身体を休めるという意味があります。

その休むという中で、身体自身が自ら調整し新しい活動に備えます。

休息でありながら、準備をしている時間でもあります。

その寝ている時間に対して、私たちはどれほどの意識を向けているのでしょうか。