スポンサーリンク

快適な睡眠への投資 ~まくら編

じぶんまくら

人類永遠のテーマ「快眠」

気持ちよく寝る、ということは、人類永遠のテーマではないかとさえ感じます。

寝ている時間は身体を休め脳を休めている時間です。

この時間が、起きている時間の充実度を左右すると思っても過言ではありません。

ですが、私には寝ることが苦痛に思える時がありました。

私は寝相が悪く、寝違えが年に数回起こっていました。

寝違えによる機動力の低下は、言葉には表せないほどの不快感と機会損失を生みます。

また、首や肩の痛みがあると起きた時の爽快感もありません。

私のそうした原因が枕にあるのではないかと思ったのは10年ほど前。

テンピュールが流行った頃から、買った枕は20を越えます。

世の中にはいろいろな枕が存在します。

そしてそれぞれの枕には科学的な裏付けなどが示されたり、快適感をうたうものが多くありました。

しかしそうした枕も、その時々の生活のサイクルやリズムで、やはり寝違えは起こっていました。

そんな時、1つの枕に出会いました。