カメラで撮影した写真についてしまう、不都合なデータ

どこで撮影したか、正確な位置が写真に記録されてしまう


最近のカメラにはGPSなどが搭載されていますね。

iphoneなどのスマホで地図を使えるのも、位置情報システムが入っているからです。

とても便利ですよね。

でも、この位置情報は、撮影した写真にも情報が含まれてしまうというのは知っていますか?

自宅で撮った写真に、自宅の位置情報が含まれている


のです。

子どもの写真
子どもの写真
家族の写真
家の中の写真
秘密の写真・・・


そこに位置情報が含まれていたらと思うと、怖いですよね。

そのファイルを不用意にメールで転送、ネットにアップすれば、自宅の場所が全世界に公開されてしまうわけです。。。


恐ろしいです。。

友達の家で撮った写真だったら、その友達の家の位置が大公開です・・・

Exifデータという写真の情報の一つに、緯度や経度といった正確な位置情報が入っています。

ということで、その位置情報が入ってしまうことについての対策などをご紹介します。



撮影する前に、位置情報をオフにする


最も良い方法は、写真に位置情報を記録させないことです。

GPSをオフ、あるいは位置情報をオフにすることで記録されません。

たとえばiphoneでは以下の設定になります。

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「位置情報サービス」オン/オフ


最近のカメラはGPS搭載のものも多いので、それぞれのカメラの設定メニューを調べてみましょう。

これで、写真に位置が記録されることはありません。

(ただし、設定を戻さないと、その後の写真には位置が記録されません)

撮影した後に、位置情報(Exifデータ)を消す


撮影した後に、位置情報を消すことができます。

写真に記録された位置情報を削除・編集できるソフトやアプリがあります。

検索で、位置情報 削除などと検索することで沢山のアプリが出てきます。






SNSでシェアする時に、位置情報(Exifデータ)は消さなくてはいけないの?


SNSで写真を投稿する時に、位置情報は自動で消されます。

主要なSNSである、LINE、Twitter、Facebook、Instagramは投稿された写真の位置情報は自動で削除されるようになっているので安心です。

これ以外については消される仕組みであるかどうかを確認して使った方が良いでしょう。


ブログの投稿時に、位置情報(Exifデータ)は消さなくてはいけないの?


ブログの投稿時には、写真の位置情報を消す必要があります。

アメブロの場合には消してくれますが、自分で設置したwordpressなどの場合には、予め消してアップするか、アップロード時に消すプラグインを入れると良いでしょう。

WordPress plugin – EWWW Image Optimizer

Basic Settingsタグ(基本設定)を開いて、[Remove metadata]に☑を入れるだけでEXIF情報を消去してくれます。





スポンサーリンク